2006年02月07日

レット・イット・ビー・ミー Let It Be Me

886.jpeg
(ジャケットをクリックして試聴・購入サイトへ・・・)


もともとは誰の曲かな? エヴァリー・ブラザーズが最初だと聞いたように思います。
竹内まりやのライブアルバムで、アンコールに山下達郎とデュエットしてるのが入ってまして(それがエヴァリー・ブラザーズのアレンジのようです)。
そのコーラスがあまりにもスイートで優しい感じだったので、やってみたら結構いい感じになりました。いや!もちろん、歌のうまさは比べるべくもないワケですが!!
聴いたことないけどエルヴィス・プレスリーも歌ってたとか?
他には、アメリカの昔のグループ「Voices of East Harlem」のアルバムに、ブルース調のクワイア・アレンジが収められています。
これがまた全然違って濃く重く切羽詰った感じがします、。
かつてSingingBirdsでは、この「Voices of East Harlem」のアレンジで恵子が歌ってました。懐かしい…
(2004/01/22)

今年2006年は、これ以外のデュエット曲も増やす予定。
と、去年も言ってたような気がしますが…
友達のユニット pop pop も、この曲を歌っています。
(2006/02/07)
posted by 岡夫 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Songs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。